ウイニングポスト9【2020】プレイ日記5『1995年マルゼンスキー系ついに!』

 

さて、1995年はもう、とりあえず頑張ってすすめていました(笑)

 

スクリーンショットもほぼほぼ取らず・・・・っていう感じで。

 

この年はヒシアマゾンにアジアマイルチャレンジをしてもらって、
きっちり取ってくれました。

 

ステージチャンプは本当に強くなって、
春古馬3冠を達成。

 

ライデンリーダーもけっこう海外G1を勝ってくれました。

 

ダンスパートナーが牝馬3冠。
マヤノトップガンも牡馬3冠を目指しましたが、ジェニュインに皐月賞は勝てず・・・・でした。

 

面白かったのが、サクラチヨノオー×ケドラという馬の自家生産馬なんですが、
スピードFなんですけど、けっこう活躍してくれています。

 

サブパラがそれなりだとイージーならけこう勝てるようです。

 

それから、ダンシングサーパスがけっこう強くなって、ヨーロッパの凱旋門賞やキングジョージをのぞくレースは、
けっこう勝ってくれました。

 

アイルランドチャンピオンSとか、チャンピオンSですね。

 

難易度低めならダンシングサーパスおすすめです。

 

ダンシングブレーヴの後継になってくれそうですね。

 

95年はライブリマイントなら、国内無双してくれます。

 

ドバイワールドカップはかなり厳しいですね・・・・

 

 

というわけで、イージーで15頭持てるとけっこう好き放題できます。

 

おすすめは、
リバーセキトバ
デュークグランプリ
スガノオージ

 

あたりはマルゼンスキー系なんですが、大切に育てるとけっこう強くなります。

 

リバーセキトバは、育てば海外G1(オーストラリア)を勝てるようになります。

 

私の場合、エルウェーウィンがそこまで強くなりませんでしたが・・・・

 

とにかく、ウイニングポスト9【2020】は過去最高傑作だと思います。

 

どんどん楽しんでいきます。

 

トップへ戻る