ウイニングポスト9【2020】プレイ日記3『1993年はレオダーバンでAMC制覇!』

ういにんぐぽすと9

 

1993年・レオダーバンのAMCが始まる。

 

レオダーバンまだ、競争寿命がありそうなので、
アジアマイルチャレンジに出しました。

 

結果は、全勝で金のお守りゲットでした。

 

いやぁ、エディットの力は偉大です。

 

このあと、秋古馬3冠しています。

 

この年は、ヒシアマゾンとナリタブライアンがデビューしていきます。

 

まだ、牧場の施設が貧弱だったので、
なんとか、ギリギリ2歳G1に間に合いました。

 

 

そして、エディットで最強にしたカネツクロスもデビュー。
久保村騎手とのコンビで2歳G1を勝ちました。。

 

ほかにも、タイキブリザードとエイシンワシントンを購入しています。

 

この年は、エディットしたクラウンシチー、ササノコバン、ラガーチャンピオン、らが頑張ってくれました。
クラウンシチーとラガーチャンピオンでサマーシリーズチャレンジしました。

 

エディットはいいですね。

 

この世代の3歳馬はステージチャンプ。

 

ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケットが強いので、
青葉賞など裏路線をじっくり走らせ、菊花賞はきっちりもらいました。

 

 

ビワハヤヒデの騎手が貧弱だと勝てますね。

 

おそらく、岡部騎手だと勝てないですね。

 

あと、この作品をやっていて思うのが、
サブパラがある程度あれば、重賞勝ててしまうなっていうことです。

 

イージーだからだと思いますが、
パワーがあれば、中山ではかなり走ってくれる。

 

そんな感じです。

 

ダウンロードコンテンツで15頭もてるので、
マルゼンスキー系のデュークグランプリやサクラスーパーオーなども所有してみました。

 

リバーセキトバは、ダビスタでよく戦ったイメージがあって、
なんか愛着あるので、育てていて楽しいです。

 

まだ、史実馬ばかりなので、
自分の牧場の自家生産が増えると楽しくなってくるかなぁと思っています。

 

 

さて、系統確立を目指すライスシャワーですが、
今年はとりあえず、金のお守りを目指して走らせます。

 

春古馬三冠はとりあえずできました。

 

 

普通に強いので、適当に賞金の高いレースを狙っていきます。

 

ミホノブルボンは、欧州狙い。だいたい勝てます。

 

 

ミホノブルボンは、シンジケート組んでお金にしたいなぁと(笑)

 

この時期はお金を稼いで、牧場広げて。

 

の繰り返しですね。花壇が・・・・イベントおきませんね。

 

牧場の施設くらい、自由に建てさせてほしいので、
イベントで絡めるのはどうなのかなぁと思います。

 

 

今のところの不満といえば、トウカイテイオーが所有できないことと、
ダウンロードコンテンツが中途半端というか、
せっかくやるなら、もう少しチートでもいいかなぁと思います。

 

1993年はこんな感じでした。

 

 

トップへ戻る