三國志14『黄巾の乱』馬騰編その3『馬騰荊州取りへ!』

 

蜀を取ると、交易が可能になります!

 

さあ、いよいよ荊州に乗り込んで、
張角勢との決戦していきたいと思います。

 

 

 

荊州といえば、
荊州4郡!

 

攻略していくぞー!

 

 

 

 

 

合間、合間で武将を引き抜いていく。

 

もう、武将がいなさすぎて、
攻めながらもきちんと引き抜いていきます。

 

呉懿がきたのは嬉しい!

 

黄巾の乱くらいからいるんですね。

 

 

 

攻城兵器がなくても、連弩持ちのおっさん(厳顔)がいれば、
どんどん城は落ちます(笑)

 

 

登用もどんどんして、仲間と領土を増やしていきます!

 

 

 

 

 

がんがん攻め込んでいきます。

 

そして・・・・

 

 

 

顔良と文醜が仲間に!

 

これは嬉しい!!

 

蜀を取ってる間に、
いろんな武将がいろんなところに吸収されているようです。

 

 

 

どこも、武将が不足していて、
兵力はあっても、出てこれない(笑)

 

とくに、張角は中原で手一杯なようで、
荊州は楽々手に入りました!

 

これが・・・・このあとの苦戦を生みますが(笑)

 

それはまた次回!

 

最後は義兄弟をつくって終わりにします。

 

 

 

割拠のレベルも上がっていきます。

 

 

荊州も制覇し、余裕だと思っていたら、
思わぬ苦戦を強いられました。

トップへ戻る